2016-10-12_223155
インターネットカジノに限らず、
ギャンブルにはイカサマが
つきものであると考えている方も
すくなからずいらっしゃると思います。

身近なギャンブルの場所である
パチスロで考えてもゴト師とよばれる人間が
いたり、競馬でも八百長というものなどが
あったりとイカサマが身近にあります。

実際のカジノでもイカサマをしようとする人間がいますので
本当にあるとおもってもしかたないかなと思います。
本当にした人間は大抵帰ってこれないとききますが…

人間がしっかりと監視していてなおかつ衆人監視のもと
であるとこでもイカサマが横行しているのだから
プログラムが組んであってソフトウェアがあって
運営がなんでもできるなんてインターネットカジノ
なんてイカサマやりたい放題ではないか!

ジャックポットの莫大な金額を払うという
ことができるのもそうして稼いでいるのだろう!

と私も思っていたのですが調べてみると
実はもっともイカサマがしづらいものだったのです。


インターネットカジノがイカサマできない理由

イカサマし放題な印象を受けますがもっともしづらいのです
その理由を上げながら説明していこうと思います。


ライセンス

2016-10-12_223415
インターネットカジノをつくるには
その国が発行しているライセンスを発行する必要があります。
このライセンスをとるのがものすごく大変でして
莫大なお金やブランド力、そして信用が必要になります。
やっとの思いでゲットしてもイカサマしたりなにかやらかしたら
剥奪となり再度ライセンスを発行することはできません。


ソフトウェアの監視システム

2016-10-12_223539
インターネットカジノはソフトウェアを使用することで
カジノのゲーミングを提供することができています。
そしてこのソフトウェアというのがだいたい他の会社から
購入して使っています。

ですのでまずゲーミングに関して
なかのプログラミングに干渉することができないのです。
なのでこの時点で不正行為をすることができません。

さらにこのソフトウェアにはRNGというシステムがあります。
これは不正改造を防ぐとともにゲーミングの内容に不自然な偏り
が生まれないようにしています。

つまり、完全にランダムにしかカードやスロットは止まらないのです。
もう人間が手を加えることはできません。


公正な第三機関の存在

2016-10-12_223500
これらだけでもすごいのですがまだあります。
公正な第三機関が常に監視してます。

この機関がどこのものなのかは
はっきりとはしていないのですが
このような機関が365日ずっとみていて
すこしでも怪しい動きがあったら通報するなど
ものすごい監視体制を貼っています

インターネットカジノがイカサマを
していないというかすることができない
ということは分かりましたでしょうか