2016-10-13_235111
国内並びに国外にはバラエティーに
富んだギャンブルが見受けられます。
年代に影響されることなく、
現在も膨大な人々を誘惑し、
希望を与えながらも向上と
パワーアップを達成しています。

オンラインギャンブルである
インターネットカジノは、ベット金の
わずかな数を胴元が利用するギャンブルとなります。


ギャンブルは、例外無く胴元が旨みのあるようにできている

2016-10-13_235234
運営会社なの胴元は
パチスロに例えますと
遊戯するための機会と
店員を雇うための人件費、
メダルの洗浄と購入や
電気代など様々なお金をかけて
遊技場を経営しています。

要するに、かくのごときギャンブルに関しては
胴元がきっちりと稼げるようなシステム、
ないしは有益な決まりでないと胴元側が崩壊してしまい
マネージメントや稼業としてうまく行きません。


控除率(ハウスエッジ)とは?

2016-10-13_235315
ギャンブルを
マネージメントする胴元が、
張る者に振り分けせずに、
自主的に確保する割合を
「控除率」ないしは「ハウスエッジ」と呼びます。

1つの例としてルーレットを
利用し控除率をイメージしてみます。
ルーレットには二種類のタイプがあります。

数字の0だけがある「ヨーロピアンタイプ」と、
0と00が準備された「アメリカンタイプ」です。
計算するととんでもなく長くなってしまいますので

省略しますがあまり知らなくても自動的にやってくれる
項目ですのであまり気にしなくてもいいことです。

でも漠然と知っておくことも
大切ですので簡単に
かいてこうと思います。

アメリカンスタイルでのルーレットの控除率は、
一回のプレイ毎に賭け金の94.74%が実入りとして
プレイヤー側にリターンされ、残余分がカジノ側の
分け前として控除されますので、5.26% (2/38)となると考えられます。
このことより、控除率+ ペイアウト率 = 100% になるスキームが構成されます。


ペイアウト率

2016-10-13_235420
ペイアウト率とは、ベットした
金額に相対して、キックバックされる
金額パーセンテージを指します。

ペイアウト率は、還元率、
期待値、機械割、出玉率、
払戻率など、ギャンブルのジャンルに
よってタイトルが違ってくるのです。

ペイアウト率は、前項で説明した
控除率とゆかりがあり、控除率がハイなゲームでは
ペイアウト率は高くなく、もう一方では控除率が
低レベルになればなるほどペイアウト率はどこまでも高くなります。

カジノの各ゲームは比率的にそれなりの
ハウスエッジが生じてくるように配当や
ルールをコントロールして構築してありますので、
カジノ側は賭場を供するだけで勝手に収益を
獲得できる仕組みになっているのです。