2016-10-29_144148
日本では、
原則として
博打行為は禁止されています。
実際には賭け麻雀などを
行っている人が少なく
ありませんが、建前として
はお金を賭けていないことになっています。

日本で認められているギャンブルは国が運営している競馬、
競輪、宝くじなどです。国営ギャンブルとも言われています。

パチンコやスロットも実際はギャンブルですが、
玉やコインを一旦景品に交換してそれを換金する、
という形を取っているため、一応はギャンブルではないと言えます。

パチンコやスロットでいくら買った、負けた、というような話は堂々とされますが、国も黙認している状態です。
今後もパチンコやスロットが博打行為として摘発されることはないでしょう。それほどまでに浸透しています。

では、インターネットカジノはどうでしょうか。
比較的新しいギャンブルということもあり、現在のところ法整備が追いついていない、といったところです。
インターネットカジノが日本で運営されているなら、明らかに違法です。

運営者だけでなく、プレイヤーも摘発の対象になります。
しかし、カジノが合法とされている国のサーバーを使って運営されていれば、
摘発する法律がない、というのが現状です。

ただこれはあくまでも現状であり、今後はどうなるか分かりません。
現在、多くの日本人がインターネットカジノを楽しんでいますので、
突然一斉に摘発されるようなことは考えにくいでしょう。
今後の動向に注目するとともに、海外にサーバーのある合法的な運営がなされているインターネットカジノを選びましょう。


今の法解釈は?

2016-10-29_144235
今の段階では以前ギャンブルは
違法の状態となっています。

ですがインターネットカジノ自体は
グレーゾーンという状態になっています。
ですので法解釈が整備されていない現在でも
プレイすることができているのです。

むしろだからこそインターネットカジノを
日本でプレイすることができているのですね。

しかし近年何人かが捕まってしまっています。
まぁそれはインターネットカジノでベットしている
ことをブログに赤裸々に語ったりして警察に目をつけられたり、
ネットバンクを作っていたりしています。

ギャンブル目的のネットバンクをつくるのは明確な犯罪ですので
これはしょうがないので気にしなくていいですね。
あまり派手にインターネットカジノを情報発信するのは
やめましょう。