2016-10-29_144005
オンライン上で
競馬をして、確定申告を
しなかったとして
億単位の追徴課税を
受けた男性の話をご存知でしょうか。

競馬で億単位の利益を出したにも関わらず、
納税をしなかったとして摘発されたケースです。

競馬やパチンコで
得た利益にも本来は課税されます。
ただ、現金で遊んでいる分には
税務署が摘発できるだけのデータがないため、
見逃されているというのが現状です。摘発された男性は、
オンライン上で競馬をしていたため、記録が残っており、
その結果摘発された、ということになります。

インターネットカジノも当然収支は丸見えであり、
利益を出せば納税義務があります。

勝ったお金は銀行振込で受け取りますので、税務署にすぐ分かります。
特にインターネットカジノは、税金を払っていないプレイヤーが多いと見られており、念入りに調査されます。

課税対象となるだけの利益を出せば、必ず確定申告をして納税義務を果たしましょう。
悪質な場合、追徴金が科せられ、本来払うべき税金よりもずっと多く払わなければならなくなります。

ギャンブルの課税方法にはルールがあり、改正が行われることもありますので、
常に最新の情報を見て申告をしてください。冒頭でご紹介した競馬の男性が、
負けたレースを経費として認められないというのはおかしいと裁判を起こし、勝訴しています。

今後法改正が行われる可能性は充分にありますが、今のところ、
負けた勝負は経費にできず、勝った勝負の掛け金だけが支出金額として認められる、というルールになっています。


計画的にベットしましょう。

2016-10-29_143801
基本的に少額であれば
税金を収めなくてもいいのですが
ジャックポットなどのでかい賞金を
あててしまうと税金を収めなくては行けなくなって
しまいます。

ですのでいつジャックポットや
フリースピンなどで大きく勝って
しまってもいいように計画的に
ベットすることをおすすめいたします。

というよりも節税の方法を学ぶ
と言ったほうがいいですね。
勝った分を使っても経費にすることは
できない可能性が大きいので自分のしている
仕事に合わせた経費にできるなにかを先に
探しておいてからでっかく勝てる勝負を探して
どんどん稼いでしまいましょう!!」